歯科で歯周病と言われショックを受けましたが、歯間ブラシを使うことにより歯周病が治りました。

歯磨きの工夫 歯周病と診断されて始めたこと
歯磨きの工夫 歯周病と診断されて始めたこと

歯科で歯周病と言われ歯間ブラシを使い始めました

歯周病って怖いですよね。最近の新聞で歯周病の人は認知症になりやすい、と書いてありました。
それを読んで他人事ではないと思いました。
というのも、わたしも歯周病だったからです。
20代、30代前半の時はむし歯こそあれど歯周病とは全く無縁の生活を送っていました。
歯周病とはお歳を召した方がなるもの、と思い込んでいました。

しかし、わたしも30代後半でとうとう歯周病だと歯科で診断されてしまったのです。
歯科に置いてある冊子を読むと、30代以上の人の多くが歯周病になっている、と書いてあったので、わたしだけじゃなくこの年代の人はなっている人が多いんだと安心はしたのですが、やっぱり歯周病にかかっているということは気持ちのよいことではありません。むし歯も怖いですが、歯周病も歯が抜ける原因になったりするのです。

30代半ばで歯科検診に行った時に、歯周病になりかけてる、とは言われていました。
だからマメに歯のクリーニングをしてもらったりしていたのですが、歯科でよい方法を教えていただきました。
歯間ブラシを使うということです。
わたしはフロスはよく使っていたのですが、歯間ブラシについては全く知らなくて、しかもその歯間ブラシでさえもお歳を召した方が使うものだと自分の中で決めつけていたこともあり、最初は使うのをためらっていました。

しかし、勇気を出して使ってみると、歯と歯の間のごみがたくさん取れて、これはいい、と思うようになりました。
実は初めて歯間ブラシを使った時は歯茎から血が出て大変でした。
わたしの歯茎ってこんなにぶよぶよで弱くなっていたんだ、と思うと切なかったです。

しかし、毎日歯間ブラシを使っていると、歯茎も丈夫になり血が出てくることもなくなったのです。

そのうちに歯科に行った時に「歯周病が治っている!」と歯医者さんから言われました。
びっくりしました。
わたしがしたことは歯間ブラシを使って毎日磨いていただけなのです。
それだけの違いで歯周病が治るのだと本当にびっくりしました。
歯科の先生もその調子でがんばってください、と言ってくれました。

おすすめサイト一覧